ゴルフクラブ 選び方

ゴルフクラブの選び方というのも初心者は特に大事ですね。
メーカーもどんなものを選べばいいのかというのもあります。


ゴルフコースをまわるときにさすがに一本で回るというのは変わり者過ぎます。
始めたばかりで一本しか持っていないのであっても好奇の目で見られます。


やはり何かを始めるときには最低限の準備をしていないと実力も上がってこないかもしれません。
カップに入れるまでの打数を競う競技ですが状況に応じてクラブを変えていきます。


どこから打つのかどれくらいの距離がカップまであるのか。
ともあれ最初は一番距離を飛ばしやすいドライバーを使うことになるでしょう。


そのあとに続くのはフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン。
ウェッジ、パターと飛距離はどんどん短くなっていきます。


ルール上はゴルフバックに入れることができるのは14本です。
なのでそれ以下なら何本でも構わないというのはあります。


最低限というとドライバー1本とパター1本でしょうか。
でもサンドウェッジはあったほうがいいでしょうね。


バンカーに入ったボールを他のクラブでは出せる気もしない。
打ち分けるという点ではアイアンも持っておいたほうがいいですね。


通常はアイアンは6本セットなのでこれだけあれば距離に応じて打ち分けられます。
9番アイアンとドライバーしかなかったら飛距離の差は相当なものになります。


これをまんべんなく揃えるのがゴルフクラブのまず最低限の選び方です。
重量や長さというのを同じクラブでそろえるのも重要です。


これに違いが大きいといつもクラブを持ちかえるたびに違和感が発生します。
安定して真っ直ぐ飛ばす飛距離を出すという点で大事だと思います。


そういったことを考えると同じメーカーで揃えるといいというのはありそうです。

 

検索フォーム

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ